あなたはどっち?「農耕民族」vs「狩猟民族」


大昔から、人間は「狩猟」か「農耕」で、生きていくために必要な糧を得てきました。

今は、労働を貨幣に変えて必要な物を買って暮らしているわけですが、
基本そもそもの人間というのは、本来持っている気質から
この「狩猟民族」か「農耕民族」に大別されるのではないでしょうか?

農耕民族が狩猟民族の真似をしてマンモスを追いかけるのは難しいですし、
逆に狩猟民族が植物を育てることは続きません。

ここでは、同じ生活の糧を得るうえで「農耕」と「狩猟」という観点で、
アフィリエイトの特性を説明します。

基本の気質ですので、どちらも必要に迫られて多少の対応はできても、
それをメインのものとしてずっと長続きするということができないのです。

「農耕民族」と「狩猟民族」の違い

アフィリエイトにも、実はいろいろな種類があります。
これを、「農耕民族」と「狩猟民族」という観点で説明してみましょう。

「狩猟民族」型のアフィリエイトとは

「狩猟民族」というのは、マンモスなどの動物を追いかけて仕留めている民族です。

元気いっぱいに野山を駆け回り、危険な地域にも入って、石の槍や斧で動物を狩猟します。

◆ 即効性はあるが確実性はない!

マンモスを1匹仕留めることができたら、すごいです。
焚火を焚いて村中の人を集めて、みんなで血の滴るような骨付きのお肉を頬張ります。

その気になれば、農作物のように何か月も待たなくても、「よっしゃ!」と思い立ったその日のうちに大御馳走にありつけます。

これはいいですよね~。

でも、毎日確実に獲物が捕れるかというと、その保証はありません。

マンモスをしとめる可能性もあるけれども、ウサギ程度しか捕れない日も多く、天候や体調や運不運によって全く捕れない日も。。。。。
毎日が賭けのようなものですね。

◆ 誰でもいつでもできるか?

また、狩猟は誰にでもできるものではありません
適しているのは、元気で若くて体力のある男性です。

何故なら、狩猟の基本というのが、

(1)獲物を見つける
(2)獲物と戦う
(3)獲物に勝つ!

となるからです。

だから、残念ながら、女性や子供が簡単にできるものではありませんし、
「名手」と言われた人でさえ、だんだんに年老いていけば、若い頃と同じとはいきません。

今でいうと、スポーツ選手のような感じですね。

◆ 豊富な知識と経験が必要

大きな獲物をしとめるには、その人の知識や経験がモノを言います。

どこに獲物がいるのか、どんな罠を仕掛けたらいいのか、
どの動物にはどんなやり方をするのか、

また、もともと持っている天性のセンスというものが
獲物がいそうな住処をかぎつけたり、
間一髪の機転で、生死を分けたりもします。

つまり、特定の分野での経験や知識、持って生まれたセンス、その場で生き抜いていくに適した資質等が必要なのです。

ベテランになれれば、その日の内に成果が出る即効性もありますが、
素人がベテランの域にたどり着くには相当な年月がかかりますし、
その前に怪我をしてしまうことも多々あります。

つまり、マンモスをしとめることができればすごいけれども、確実性はなく、毎日がイチかバチかの大勝負となります。

だからこそ、憧れもするし、これぞ「男のロマン!」なのかも知れません。

これ、バクチにも似ていますよね。
競馬や競輪も似ていますし、アフィリエイトの中の一攫千金を狙う種類のものにも通じるものがあるでしょう。

狩猟民族は全員がこの狩猟の名手でなくても、数名そのような抜きん出た人がいれば、民族として成り立っていたのでしょう。
そして、狩猟の名手は、もう王様です。

だから、もしあなたに、人より抜きん出た分野があって、体力的にも精神的にも日々獲物との戦いに勝ち続けていける自信があるなら、これはぜひ「狩猟民族」の旗頭として君臨してください。

そのアフィリエイトで、あなたの夢の王国が築けます

1つ注意しておくのは、決してその王国の奴隷になってはいけないということです。

「農耕民族」型のアフィリエイトとは

片や、太陽や水という自然の恵みを受けながら、みんなで植物を育てて日々の糧にしている民族もいます。
それが、「農耕民族」です。

「農耕」とかいうと都会の人にはなじみがなく、
マンモスと戦う狩猟の「カッコよさ」に比べて
「ダサイ」「かっこ悪い」「めんどくさい」と思う人がいるかもですが、

「種を蒔いて、水をやって、花を咲かせて、実を収穫する」
つまり、植物の栽培をしていきます。

農耕が想像しにくければ、まずはお庭のガーデニングをイメージしてみてください。

◆ 即効性はないが失敗もない!

農耕民族の唯一残念なところは、「よっしゃ!」と思い立ったその日に収穫できる訳ではないという点です。

お米なら春に田植えして、夏を越し、収穫するのは秋ですね。

今すぐお腹を満たすことはできないけれども、植物を育てていれば、やがて必ず収穫の時期がやってきます。

そして果物の木など一度実をつけるようになると、後は多少放っておいても毎年たわわに実をつけてくれるようになります。

◆ 誰でもいつでもできるか?

農耕は、屈強な男性でなくても、女性でも子供でも老人でも、誰にでもできることなのです。

結構なお年の方でも、畑に出ていくことさえできれば、それなりに頑張っていらっしゃいます。

もちろん、病気やケガをしている人には大変でも、山で獣を追いかけることに比べれば、対応できる範囲はとても広がりますね。

◆ 豊富な知識や経験は不要

基本、植物というのは、

(1)種を植える
(2)水をやる
(3)太陽に当てる

これをやっていけばいいのです。

本当の農業で考えるともちろん専門性や技術は必須ですが、
あくまでも基本はシンプルです。

そうすれば、狩猟のような大きな当たりはずれというものはなく
季節が巡って必ず収穫のときがやってきます。

つまり、狩猟民族のようなスリリングな毎日とは打って変わって、
落ち着いた毎日の中で、安心して、安定して、生活していくことができますね。

さて・・・あなたはどっち?「農耕民族」vs「狩猟民族」

人は自然と、この自分が持っている気質に従って職業を選択しています。
それはアフィリエイトも同じです。

この夢咲サロンで推進していくアフィリエイトは「ブログ型アフィリエイト」で、
これは「農耕民族」気質の方々に向く手法です。

ブログ型のアフィリエイトのよいところは、
時期がくれば必ず花が咲いて実が実るということです。

種を植えてから実を収穫するまでにはそれなりの期間はかかりますが、
農家で毎年、お米が採れて果物がなるように、必ず収穫の時期がやってきます

これに対して「狩猟民族」型のアフィリエイトもあり、その方が適している方もいらっしゃいますので、ここを混同しないようにしましょうね。

あなたはこの「夢咲サロン」に来る必要があるのかないのか?

まず、

  • すぐさま報酬が欲しい!
  • チマチマした金額ではなく一度にドカンと当ててみたい!
  • 特定分野や自分の才覚に自信がある
  • ハイリスク・ハイリターンを求めている

こういう方は、この「夢咲サロン」にいらしても、多分「とてもやっていられない!」と思うでしょう。

だって、ここは「夢の花を咲かせる」夢咲サロンなのですから・・・・。

このような方はそれこそ「狩猟民族」なのです。

だから、この夢咲サロンに来る必要はないので、
自分が目指す分野にまっすぐに飛び込んで、見事マンモスをしとめるべく、
体力とノウハウの蓄積、そして日々の実践に頑張ってください。
 

そうではない・・・・

  • 今日明日の蓄えは多少あるから、報酬は1か月後や半年後でも大丈夫!
  • 守らなければならない家族がいるから、自分勝手な冒険はできない。
  • 体力や年齢にかかわらずに、ずっと続けたい。
  • 特別な知識や経験はないが、教えられれば実行できる。
  • ローリスクを前提に、ローリターンから徐々にハイリターンに進みたい。

という方なら、この「ブログ型アフィリエイト」はピッタリですし、
この「夢咲サロン」の入会資格ありです。

「自分や家族の生活を、安全に確実に守りたい!」

そう、堅実に思うなら、是非ここに集って、一緒に頑張っていきましょう!

「ブログ型アフィリエイト」での基本とは?

ここで、先ほど書いた農耕民族の基本ですが・・・・

(1)種を植える  = ブログを作る
(2)水をやる   = 記事を書く
(3)太陽に当てる = 記事を公開する

と考えてみましょう。

「ブログ型アフィリエイト」でやることは、たったこれだけです。

それでも、春に蒔いた種は秋には収穫できるように、
ブログ型のアフィリエイトも、時期がくるとたわわに実を実らせます

太陽や自然の恵みを受けながら、あなたの夢が咲き誇る日々が向こうから近づいてきてくれます。

「ちょっとダサイかもしれない」
でも、無理せずあなたらしく、子供の笑顔を見ながら、安定した幸せが欲しいなら、
是非「農耕民族」になって、この「夢咲サロン」に集ってください

同じ作物でも、より丈夫により早く育ち、より確実によりたくさんの実を収穫できるように、

  • よい種の見分け方
  • 毎日の水やりを忘れない方法
  • 効率的に太陽の恵みを受ける方法

などなど、
私が知っているすべてをあなたにご伝授し、サポートしていきます。


なるほど!と思ったら、ポチっとね! →
人気ブログランキング



お陰様で人気ブログランキング第1位


楽天・アフィリエイトランキング

↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪

カテゴリー
最近の投稿