在宅ワーカーにも便利な二世帯住居の暮らし方(ソーシャルディスタンス♪)(2020/5/8)


先日、コロナ自粛で子育てに疲れて発狂寸前になった娘夫婦を少しでも休ませようと、
久しぶりに孫の世話をしたら・・・・
とっても疲れて、身体のフシブシが痛いリリィです。(汗)
 
 
えっ?久しぶりなんですか?(笑)

はい、あまり孫の面倒は見ていませんね~!
 

リリィ家は娘一家と二世帯住居なので、
いつも一緒に暮らしているイメージがあるようなのですが、

実は、最初からソーシャルディスタンス?!

適度な距離感で、
付かず離れす、ちょうどよい距離感で生活をしています。
 

在宅ワーカーにも便利な二世帯住居の暮らし方

先日、ブロガーズ(というアドセンス塾)のWEB座談会で、
子育て中のママさん共有の悩みとして
子育てと作業時間の取り方の話題が出たとき、

主催者の桜子さんから
「リリィさんのところもお孫さんの世話で作業時間に困っていないですか?」
というようなお声かけをいただいたんですね。

「あ、うちは完全分離なので、仕事中は邪魔されません。」
というような返事でその話はすぐに終わってしまったのですが、

そのときの会話で興味を持った方が
2世帯住居の完全分離ってどういう感じで生活されているんですか?
とメールをくださったんです。

「この前のお庭ピクニックの話から、リリィさん家にずっと興味があったんです。」

ということだったので、
ちょっと、私の生活術を公開しますね。
 
 
これから家をどうしよう?

いずれは親と同居したい、とか
逆に老年の一人暮らしは淋しいし不安だから
今のうちから2世帯住居にして子供世帯を呼び込もう
とか、

特にアドセンスや楽天アフィリなどの在宅ワーカーには
生活も仕事も基盤になる大事な環境なので、
是非是非参考にしてください。
 

オフィスも併設で完全分離!

実はリリィ家は当初は別の場所にあったのですが、
7年前に娘が結婚する際、旦那さん共々「2世帯住居がいい♪」というので、

「あら?ホント?嬉しいわ!」
と、同じ町内に手ごろな土地を見つけて
2世帯住居を作ったのです。
今ちょうど新築から6年目ですね。
 
 
元の自宅は建て替えたとしても2世帯にするには狭かったし、
私自身も本業の方で徹夜作業も多かったので、
会社に通うよりも自宅の方が何かと便利だし・・・

そこで、それならいっそ
これを機会にもっと大きな家にして、
さらに私の会社(の分室)も併設してしまおう!と。。。。
 

それで、
・1階部分が、親世帯(主人&私)&オフィス分室
・2階部分が、娘夫婦世帯
・3階部分が、洗濯機などのユーティティ&共有スペース&屋上
となっていて、

1階が主人と私の共有名義で
2階と3階が娘夫婦の共有名義
土地は家屋面積に比例した面積区分
というように、完全に世帯を分けての区分名義にしてあるのですね。

そして、それぞれに玄関もキッチンもバストイレもあるので、
完全に別個の別世帯なのです。
もしも私達が亡くなったら(笑)、他人に貸し出すこともできる仕様です。
 

でも、まったく完全分離だと自由な行き来もできない。
でもだからといって、一般の区分所有のように階段に鍵をつけたくらいでは
声も筒抜けになって落ち着かない。

そこで、家の中に家庭用のエレベーターを設置して、
そこに鍵がかかることを前提に、
市公認で完全区分所有の登記をしているのです。

だから、特に行き来のないときには、
いるのかいないのかもわからないほどに別世帯だし、

必要なときには夜中にパジャマのままでもエレベータで交流ができます。

スープが冷めない距離どころか、
お皿やお鍋のまま持っていけますし、

たまにこちらで孫をお風呂に入れてあげると、
裸のまま下着のままでも行き来OKですね。
 

主人はもともと天体観測で星☆彡を見るのが趣味なので、
夜遅くでも朝早くでも、毎日のようにこのエレベーターに乗って、
2階を通ることなく直接屋上に出ています。
お布団を干すにも楽チンです。
 

私もまだまだ仕事で忙しいので、
二世帯住居と言っても、よほど用事や気が向いたときだけで

もともと娘達と会うのは週に1~2回くらいという生活ぶりなんですが・・・

孫は「おじいちゃんおばあちゃんに会いたい」となるとすぐにやってきますし、
娘夫婦も子育てでてんぱって発狂しそうになると「もうだめ!」と救いを求めにやってきます。

夕飯どきに急に「何かある?」と食料をあさりに来ることも!(笑)

逆に、孫の誕生日やひな祭り、つい最近では子供の日には
娘達のお祝いパーティに私達がお呼ばれします♪
 

先日は子供が寝ているけれども夫婦しての急用ができたので「すぐに帰るからちょっとだけ見てて」と。

wifiも飛ぶし、家屋内LAN回線も張り巡らしてあるので、
実はどこにいても仕事ができます。
 

私達も今のところ困ってはいないけれども

今後、主人の病気が急変したり、
自分が動けなくなったりしたときにも、
娘一家が同居していると思うと心強いです。
 
 
よく二世帯住居を建てたはいいけど、生活時間や食生活が違ったり、
どこに行くにも干渉されたり、帰る時間を心配されたりして厄介で鬱陶しい
というような弊害も聞くのですが、

我が家はこの「付かず離れずのちょうどよい距離感」のおかげで
干渉もないけど、必要なときにはすぐにも交流できる
という理想の生活ができています。
 
 
ちょうどこの家に住み出してから満6年で、
その間2人の孫も生まれましたが、

適度に助け合いながらもそれぞれの仕事や生活を満喫し、
べったりでもなければ疎遠でもない
仲良くやれているのが自慢です。
 

リリィ家はもともとソーシャルディスタンス?

メールでそんな話をお返事したら、
「それって別の意味でステキなソーシャルディスタンスですね。」って。

なるほどね~!!!
 

ソーシャルディスタンスといえば
確かにコロナで緊急事態宣言が出たときにも
この暮らしぶりが役に立って、助かりました。

それまで保育園に通っていた孫も通園自粛とはなったのですが、
万一サイレントで感染していて、
それが免疫力の落ちている主人にうつるといけない
ということで、20日間くらいは完全に行き来をやめて、
お互いの家で別個にステイホームしていたのです。

それで先日「2週間以上たったからもういいかな?」と、
「お庭ピクニック」をして一緒にサンドウィッチを食べたのでした。
 

こういうときにも、日ごろから付かず離れずの適度な距離で
ソーシャルディスタンスしていると、便利だし安心です!(笑)
 

さてさて、そんな折、
アドセンスでサポートしている方の進捗報告も。

「家の新築」をテーマにご自分の実体験を想い出がてら
ノウハウとして書いている主婦の方なんですが
「最近、家関係のアクセスが若干ですが増えてきました。」と。
 

アクセスの上がっているキーワードは本人の希望もあってちょっと伏せておきますが

あ、これもコロナの影響?
 

そういえば、娘から聞いた保育園のママ友の話では

普段は家のことなど「まだまだ先」と思っていた方々が
ステイホームで家の狭さや不便さを痛感し、
ちょうど家族も皆いることから

「そろそろ家をどうしようか?」
と、家族会議をしているようです。

と言ってもまだ自粛中で、展示場や不動産屋に行くことはできないし、
とりあえずWEBでいろいろ検索してみっか・・・・という流れのようですね。
 

コロナで自粛しているのも大変ですが、
せっかく家族みんなが集まっている時期なので、

このような家族共通の話題を、子供の希望なども交えながら
夢を膨らませて行くのもいいですね。
 
 
リリィも、不動産関係や、登記や税金の話など、
実は何気に詳しいですので、
もしも何かご相談があれば、
アフィリエイトに無関係でも、お気楽にメールくださいね。
 
 

あとね、「紫外線」「暑さ対策」。
結構来ているようですよ。

コロナ明けのクーラー設置ラッシュも狙って、
今からでも遅くない!
クーラー関係の話題を書くのもいいですね。
 

トレンドもいいけど、
不変のテーマ(衣食住)はいつでもやっぱり強いです。
 
 
みなさんもまだまだ大変な時期だと思います。

でも、せっかく家族と一緒にいるのですから、
健康には充分に注意しつつも、
将来の夢を大きく大きく膨らませてくださいね。


なるほど!と思ったら、ポチっとね! →
人気ブログランキング



お陰様で人気ブログランキング第1位


楽天・アフィリエイトランキング

↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪

カテゴリー
最近の投稿